腰が低すぎる歯医者さん

現在通院している歯科の先生はとても物腰の柔らかな方で、治療方法もとても穏やかな感じなんですよね。

ただ、その先生のお人柄のせいなのか、繁華街の真ん中という立地のせいなのか、いつ訪れても待合室はぎゅうぎゅう詰め。
身の置き場のない状態でじっと立って待っているのは、なかなかに辛いものがあります。

そういえば、昔はこの歯科は「予約制」だったのですが、あまりにも『やっぱり今日はやめます』と怖気づいてしまう方が多かったのか、今では予約不要の「早い者勝ち制」になっています。

女性の助手の方は皆さんしっかりとした方ばかりなのですが、治療が終わった後には、先生は(おでこを床にぶつけるんじゃないか?)という勢いで何度もお辞儀をされます。

そして最近になりようやく気づいた事は、この先生は「優しい」というよりも、「極度のお人好しなのだ」という事です笑。

最近では虫歯の治療も兼ねて、そんな先生の「お人好しぶり」も楽しみにしながら通院しています。